Close

自分のタイプを見極める

仕事に活かせるセミナーは、数多く存在しています。自分に足りないもの、あるいは自分はこれから伸ばしていきたい、強みにしていきたい分野など、自分が求める内容に合わせて選びましょう。

高額に感じられるセミナーもあるかもしれません。確かに書籍や通信教育などに比べたら高額と言えるかもしれませんが、実際には直接話を聞けること、書籍にならない生きた情報であること、そして何より様々な人たちにその会場で出会うことができることが大きなメリットとなります。
しかしながら、高額セミナーは確かに存在します。ニーズが高く人気があれば当然高額になりますが、逆に高額だからと言って良いセミナーとは言い切れません。本当に自分に必要なのか、また価格は妥当であるのか、しっかり確認する必要があるでしょう。

また、そこに参加したからと言って、100パーセント仕事に活きるとも限りません。それは、良い大学を出たからと言って優秀なビジネスマンになれるとは限らないのと同じです。その後の自分の行動次第で活かすことができる、ということを忘れてはいけません。
話を聞いて分かった気になっていないか、実際に自分の仕事に落とし込むことができるか、実際に行動で示すことができるか、自分の課題となってる問題に応じてタイプ分けすることができます。学ぶ上で自己分析が必要になるのです。
インプットしただけで満足するのではなく、アウトプットするために自分自身を分析し、そのタイプを見極められるような具体的な工夫を重ねることが重要です。

⇒もっとセミナーについて理解を深めたいなら:セミナー参加でスキルアップ